heads up!

Things You See beyond a Garment

This isn’t simply an article, nor is it just a fashion shoot. This project is the collaboration of a multidisciplinary group of Japanese creatives living in Berlin, brought together by hu!’s art director Natsuko. She developed the concept inspired by a poncho made by her friend Claudia Hill. The poncho in the pictures is the sister poncho of the „Travelling Poncho“; it has been produced for the same performance, with the same processes, and from the same materials.

これは単なるエッセイでもなければ、良くあるファッション写真でもない。これは、様々な領域で活動するベルリン在住の日本人クリエイターたちによるコラボレーション。hu! アートディレクターの奈津子が、友人であるクラウディア・ヒルのポンチョにインスピレーションを得て織り上げた、協同プロジェクトだ。写真に登場するこのポンチョは、「トラベルポンチョ」とまったく同様の素材、製造プロセス、クオリティーで作られた、いわば兄妹分にあたる。

Claudia Hill and her Travelling Poncho

Text by Fumie Tsuji

A distinguished and dignified appearance with a pure aura that reminds you of the air in the forest. If you have met Claudia Hill, you would understand what I mean. Maybe it comes from being trained as a dancer. It is a certain atmosphere that one can feel from a person who pursues something wholeheartedly. Something very sure and pure.

Claudia is a cross-disciplinary artist who has been active since the mid-1990s when she started her career in New York. She presented her work in various forms of art such as costume design, installation, and performance art as well as fashion, with her own eponymous label.

The “Traveling Poncho” project was launched in 2011 when Claudia decided to distance herself from the fashion industry. But she was and still is interested in textiles as material and in interaction with people. “The poncho started more as a conceptual piece. I worked with materials that are very special to me and I took them apart or cut them into pieces, then wove something new out of them. It works almost like a medium. And I decided to send it around the world because at the time it was not possible for me to go on tour in person.”

Claudia Hill at her studio, image © Fumie Tsuji

To name a few, the materials she used were sample material from her first collection, indigo-dyed fabric from her first trip to Japan, children’s kimonos, and some fabric of her mother’s bought in Switzerland when she was young. All of it she had been keeping for some time and none of it was bought for the project. “I like using what is already there. You can look at it as trash because most things are damaged with time. But they still have the essence. I combined them and made something new which gave it a whole new value. It’s the principle: When you put one plus one together it makes three. It’s like, to work with less to make more. It can be very worthy when you can see quality in it.” The poncho which also was included in a performance show is now travelling around the world. From east to west it went to so far eleven countries.

There are two rules that need to be observed when conducting the project. 1) It must be delivered in person. “It’s about making contact. The poncho is being delivered in person and two people get to meet who would normally never meet. And it´s also about the notion of speed. I just didn’t want to participate with this project in the common notion of the speed that we have. Sometimes it goes really fast like within a week but sometimes people had it for a year and nothing happened. It’s nice that it has its own rhythm. I just need to find the right person and work with their schedule. Somehow it is growing in a very organic way.” 2) All contributors must send documentation of their interaction with the poncho to Claudia. It can be a video, text, photo and drawing but it needs to be documented. So far, what she received was different with each person. She also collects emails exchanged between the two parties; the poncho deliverer and the poncho receiver. “Because of the time issue again, it’s interesting to see what happened at these moments. For instance, Occupy Wall Street was just starting in NY, and that was actually the meeting point of the person who passed it onto someone else. Then [there is this e-mail that says] ‘Ok, let’s meet at Occupy.’ When I read through these memories and parts of e-mails and texts it really gives an interesting picture, like a mini-contemporary history lesson. That’s why the texts are important to me. Images and texts form one big piece of tapestry. I plan to make a book out of it in the future. ”

Claudia loves the interaction between people. When I look back at her past projects, there has always been a group of people involved. Even fashion design was and still is to her some sort of medium or tool to communicate with people.

“When I made clothes my motivation was to make objects that become part of people’s lives. They don’t necessarily have to be fashionable objects. For example, people who bought a cape or coat of mine 15 years ago still have it. They still wear it. It became their companion. It’s not a throw-away object. It can keep you company throughout your life. In that way I wanted the Travelling Poncho to function. It is like a temporary friend.”​

Claudia said that the project still has momentum. She doesn’t know when to finish the journey but also doesn’t want to put an abrupt end to it either. Might there be a couple more years to go … ? What we know is that the poncho will continue to expand its story and network of people around the world, and actually the journey of the poncho is an act of making a big tapestry of an organic network by weaving time and people together.

クラウディア・ヒルに会ったことがある人なら分かると思うが、彼女の凛とした佇まいには、森の空気に似た澄んだオーラが漂っている。それはどこから来るのだろう。ダンサーとしてトレーニングを積んだ時の、ストイックな経験からなのかなと個人的に想像する。そう、何かを一途に突き詰めた人に漂う、迷いのなさ。純粋な確信のようなもの。

クラウディアは、1990年代中頃からニューヨークを拠点にマルチな領域で活動してきたアーティストだ。コスチュームデザイン、インスタレーション、パフォーマンスアートの他、自身の名を冠したファッションブランドClaudia Hillでコレクションも発表してきた。 今回のテーマ「トラベルポンチョ」のプロジェクトがスタートしたのは、そんな彼女がファッション界から少し距離を置こうと決心した2011年のこと。ファッションから遠ざかり始めていたものの、素材としてのテキスタイルと人との交流に対して、昔からずっと変わらない興味があった。「自分にとって特別と思える素材を切り刻んで、何か新しいものを作り上げるポンチョは、むしろコンセプチュアルピースです。ある種のミディアム(媒体)として機能する作品。当時は自分が移動するのは不可能だったので、私の代わりにポンチョに世界を旅してまわってもらおうと考えたのです」。使われた素材の例を挙げれば、彼女自身のファーストコレクションのサンプル素材、初めての日本の旅で手に入れた藍染めの布、子供用の着物、母親が若かりし頃にスイスで買った布など。改めて収集したものはなく、元々持っていたものばかり。「既にそこにある物を使うのが好きです。時を経過して傷み、一見“ゴミ”と見なされるような品でも、どこかしら“価値”が存在するものを組み合わせて新しいものを作れば、また別の価値が生まれると思うのです。これは、1+1=3の原理。“少ないことは豊かなこと”の原理に通じるところがあります。物事の質を見いだすことができれば、そこに大きな価値が生まれると思っています」。ベルリンでのパフォーマンスで披露され、その後旅へ出たポンチョは、現在も絶賛移動中。これまで西へ東へと11カ国を移動した。 旅のルールは2つ。1)必ず人間が運ぶこと。「普通なら出会うはずのない人同士が、ポンチョを通して知り合い、そこに繋がりが生まれるインタラクティブな要素をとても大切にしています。また、“早きが良し”というようなスピードに関する現代社会の一般概念に対する問いかけでもあります。ポンチョが次の持ち主へと手渡されるまでに、1週間しかかからないこともあれば、1年かかってしまうこともありますが、独自のリズムが流れているところが好きです。それぞれの参加者のスケジュールを摺り合わせながら、有機的に発展させていくことが面白いと思っています」。2)プロジェクト参加者は、必ずポンチョとの“交流記録”を作成してクラウディアに送ること。ビデオ、テキスト、写真、ドローイング、何でも良しだが、自分とポンチョの関わりを記録した何かを残さなければならない。これまで、毎回異なる作品が彼女の元に届いている。クラウディアはまた、次の参加者へ手渡しするための段取りに使われた、メールなどのやり取りも集めている。「例えば、NYでの引渡しが予定されていた時、ちょうど“Occupy Wall Street(ウォールストリートを占拠せよ)”の最中だったのですが、“NYのオキュパイで○○時に集合”みたいに、その当時の時代の風景が垣間みられる内容が、それぞれのメールに含まれています。これらのメールを読んで行くと、現代史のダイジェスト版のような、本当に面白い絵が浮かび上がってきます。だから、私にとって、この文字の記録はとても大切な要素なのです。参加者が送ってくれるビジュアルとテキストが1つの大きなタペストリーを織り上げている。私はこのプロジェクトをそんな風に捉えています。将来これを1冊の本にまとめたいと思っています」。 クラウディアは、人との関わり合いから生まれる相互作用が大好きだ。彼女の過去のプロジェクトを振り返ってみると、そこにはいつも多くの人の姿があった。クラウディアと話して行くうちに気付いたこと。それは、彼女にとってのファッション、つまり服作りとは、人とコミュニケーションするためのツールだということだ。「服を作る時、人の人生の一部になるものを作りたいと考えます。単なるファッションアイテムではなく、むしろ人生のお供のような存在です。随分昔に作った私のケープやコートを、もう15年近く大切に着てくれている人もいます。そんな一点はいわば、彼らの“仲間”のような存在だと思っています。今回のこのポンチョは、15年来のお供とは行きませんが、“期間限定の友達”のようになってくれればと思っています」。 クラウディア曰く、このプロジェクトには、まだ沢山のエネルギーが溢れているそうだ。どこで旅を終わらせるべきか彼女自身にも分からないものの、唐突にやめるようなことはしたくないと言う。あと2〜3年、いやもう少し、というところだろうか…?ただ、唯一はっきりとしているのは、その足跡と人々のネットワークを世界中に広げながら、ポンチョがこれからも旅を続けて行くということだろう。そして実のところ、このポンチョの旅とは、有機的なネットワークで大きなタペストリーを織り上げる作業そのものだと言える。時間と人、人と空間を繋ぎ合せながら…。

Images © Mizuki Kin

Photographer: Mizuki Kin Tokyo- Berlin based Photographer/Artist www.kin-xx.com

Model: Saori Hala Tokyo- Berlin based Dancer/Artist

www.halasaori.com

Hair and Make-up: Miyuki Oya Berlin based Make-up Artist

www.bruno-tor.com

Art Direction and Accessories: Natsuko van der Ree Founder of heads up!/Berlin based Designer

www.a-i-ue-o.com

Poncho by Claudia Hill

www.claudiahill.com

categories
© 2020 heads up!